読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

2015シーズン

今年も新体制発表記者会見には行かなかったのだが、気にはかけていて、情報はすぐにチェック。

横浜FC 2015シーズン背番号決定のお知らせ | 横浜FC オフィシャルホームページ

2015シーズンの戦力は、選手に限れば、このクラブを過去から見ても記憶にないほど入れ替わりの少ない陣容となった。

昨季主力でチームを離れたのは松下裕樹ドウグラス、パクソンホ。一方で加わったのは、大久保哲哉、パクテホン、中里ら、新卒二人を除けば過去に在籍経験のある者たちばかり。「どういう選手なのだろう?」と調べることが一つもない、計算ができる——言い換えればビッグサプライズのない選手たち。

面白いことに、主力が抜けたのはみなセンターラインであり、その穴をちょうど埋めるように選手が補強されている。

FW パクソンホ→大久保
MF 松下裕樹→中里
DF ドウグラス→パクテホン

彼らの復帰はうれしい。大久保の能力は疑うべくもない。中里、テホンは移籍先チームでのプレーを見れば、着実にスキルアップしていると言える。それ以外はルーキーと下位カテゴリーからのレンタルバックであり、開幕からスタメン&ベンチが大幅に変わることはなさそうだ。現在の名前だけで考えれば、昨季スタメンに上記三名が入れ替わるというが妥当だろう。

山口素弘が監督を辞めることが選手の流出を招かなかったのは、彼が選手をひいき目に見ていなかったからなのかとも思う。岸野氏が監督就任するチームへ早速付いて行った者がいるのとは対照的だ。

逆に大久保あたりは、それが再契約へのプラス材料になったのかもしれないが。

2015横浜FC新体制発表記者会見でのミロシュ ルス監督挨拶を動画配信 | 横浜FC オフィシャルホームページ

ルス監督の好きなフォーメーションは4-2-3-1だそうで、それぞれのポジションでの役割こそ違えど、昨季までの遺産をドブに捨てずには済みそうだ。だからこその消極的な補強であったのかもしれない。

クラブは、今のチームが高齢化していること(カズに限らず、全体的に20代後半〜30代の選手が多い)に危機感を抱いていないわけはなく、実際にそういう話も出ているようなので、今季はそこの強化。レンタルバックした三、四年目の選手たちや、各ポジションで控えの域を脱せない選手たちの成長を期待したい。