読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

三連勝!

ミドルウィークのアウェイ、コンサドーレ札幌戦に1-0で勝利。札幌相手にこれだけの内容のゲームが出来て、しかも勝利できたことはうれしい。

パクソンホ
野崎
松下年
松下裕
寺田
小池
中島
野上
市村

前節は4-0と大勝したので、日程はきついがスタメンは変えず。札幌は河合がベンチ外。

コイントスで勝った横浜が、札幌ドームなのにエンドを変えて、キックオフ。

(変えた理由→【J2:第24節 札幌 vs 横浜FC】山口素弘監督(横浜FC)記者会見コメント | J's GOALニュース | J's GOAL

最初の決定機は9分、札幌の#33上原の左サイドから中へ切れ込んでのシュートをGK#18南が辛うじてセーブ。序盤の流れは札幌優勢で、横浜の反撃は20分過ぎに小池の右サイド縦への突破まで待たないといけなかった。

26分、ゴール正面から#24松下年のFKは枠を捉えていたが、GK#1金山がファインセーブ。40分、右サイドのパス交換から#14小池がクロス、#13野崎がニアへ飛び込むがヘディングは合わず。

横浜は多くの選手が早いリスタートを意識している。岐阜戦での小野瀬の判断から市村のゴールに繋がったあのプレーが良い影響をまだ残している。

前半は0-0。横浜の#39パクソンホ、札幌の#13内村、両FWが思ったようにプレーできていないものの、なかなかの好ゲーム。

後半も同様の展開で、札幌がやや攻めに比重を置き、横浜がそれを受けて守備に比重を置く。

58分、裏へのロングパスから内村のシュートは南がセーブ。

61分、市村からDF裏へ抜け出た野崎へのパス。持ち替えてのクロスは札幌の選手に当たるが、そのこぼれを再び市村が拾って左足でシュート。豪快に決めたゴールで横浜が先制。

65分、CKから札幌がゴールネットを揺らすもオフサイドの判定。

野崎に替えてアンヨンハを投入する等、先制点後は横浜がはっきりと守備で逃げ切る姿勢を見せた。寺谷替わって二列目に入った佐藤謙介も激しくチェイス。札幌は前田、砂川、丁と攻撃的なカードを切ったが、横浜の守備を崩すまでは行かず。

そのまま1-0で試合終了。

横浜はこれで三連勝。課題のワードワークは、夏、厳しい日程、長い移動でもよく走れていた。週末はさすがに同じメンバーでとはいかないと思うが、替わって入る選手には良い流れを切らないようにがんばってほしい。