もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

2014シーズン終了

部屋の片づけをしていて、去年のオフィシャルイヤーブックが目に入った。ページをめくってみたところ、こんなにも選手が入れ替わっていたのだなと改めて驚く。監督が山口素弘になって二年半。横浜FCというクラブにとっては異例の長期政権だったが、その間も主力選手が多数入れ替わる悪しき伝統は変わらず、山口監督のチーム作りに悪影響したのは間違いなさそうだった。

11月23日。2014シーズン最終節、ニッパツ三ツ沢球技場へ足を運んだ。最終節の特別さは自分には薄く、平時のようにキックオフ一時間ほど前に到着し、飲食売店で軽い物を購入してスタンドへ。既に選手たちのピッチ練習は始まっていた。

続きを読む

惨敗

地上波tvkで放映した湘南戦を録画しておいたのだが、結果が結果であり(1-4で敗戦)観ていなかった。

番組提供はCHECKER MOTORS。かつてのスポンサーであり、湘南にくら替えした過去の経緯は横浜FCサポーターにとっては苦々しい。

放送は、「神奈川ダービー」と口では言っているものの、醸し出す空気は予想以上の湘南ホームチームディシジョン。実況席も湘南色であり、横浜のフォーメーション図を4-3-2-1のクリスマスツリーで表記したところには「やっつけ感」も見え隠れする。tvkがこうなのは商機的にも忌むべき事態だが。

試合は聞いていたとおりに酷いもので、開始から失点までこそ悪くなかったが、CKから失点、直後に追加点を決められるとその後はモチベーションを失いズルズル。1.5倍速再生で観ていてもスピード感がない。退屈でTVをつけたまま途中眠ってしまった。

一番感じた差は、相手ボールホルダーへ寄せていく距離。湘南のそれはかなり近く、ボディコンタクトするところまで行く。近過ぎればターン一発でかわされ逆にピンチになるリスクがあるのだが、J2レベルではそこまで技術の高い選手はそうおらず、間合いを詰めれば詰めた分だけ優位になるようだった。

最終節は相手は昇格プレーオフを決めたい北九州であり、モチベーションの差は如何ともし難い。(←J1ライセンスがないのを忘れていた)、横浜には警告累積による出場停止も多く、山口素弘監督の退任前最後の試合だが、笑顔で終われるかどうかは心の持ちようといったところか。

契約非更新選手の発表は試合日前にあると思うので、それ次第ではまた殺伐とした雰囲気になってしまうのかもしれない。

IIJmioへMNP

Mac

時流に乗って、MVNO(格安SIM)へMNPしてみた。但し端末はiPhone 6ではなく、iPhone 5s

f:id:kmochi:20141106215337j:plain

続きを読む

ハッシュタグだけでは追い切れない

アウェイ・モンテディオ山形戦。

スカパー!オンデマンドは解約したので、Twitterで試合経過を追う。Twitter for Macで#yokohamafcと#montedioの検索ストリームを並べて表示してみたのだが、どちらのみなさんもハッシュタグはあまり使われないようで、得点が動いても流れるツイートは片手程。今や公式クライアントもハッシュタグを入力しやすいような機能を持つが、IT系のイベント実況等とは違い、Jサポには少ないということだろうか。

あえてリスト等は見ず、それだけで試合を追ってみることにした。

続きを読む

喪章

久しぶりにニッパ球へ戻ってのホームゲーム、栃木SC戦。3-0で快勝。

多摩大学企画のイベントでスタジアム内はどこも程よく朗らか。17日に事故で亡くなった奥大介への献花台に捧げられた多くの花。

続きを読む