読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

ホーム3戦目、未だ勝ち点なし

ガイナーレ鳥取戦は0-1で敗戦。あまりに低調な試合で、見ていてまったく楽しくなかった。
スタメンは、試合間隔が短いからか2トップをそっくり入れ替えた。フィジカルコンディションの問題だろう。

    カズ  難波
佐藤          荒堀
    高地  藤田優
中野  パク  飯尾  柳沢
      関

長期中断もあって、頭がサッカーに切り替わっていない。失礼な話だが、今日の対戦相手もよくわかっていなかったし、『鳥取』と聞いても『ガイナーレ』という単語が思い出せないくらい。「カズがスタメンらしい」というのがなぜ社長からバラされてるのかもよくわからない。
所要で遅れてスタジアムに駆けつけたのが、前半の中頃。スコアが動いていないことにホッとしたものの、見始めた試合はどうにもパッとしない。ピンチもチャンスもあまりないまま前半終了。スタジアム雰囲気は、ブーイングではないものの、もうちょっとやれんだろ、というところ。
後半開始。いきなり失点。難波が奪われたところからのカウンターで、それほど低い位置で取られたわけでもなかったが、すごく無策な印象。すんなりシュートまで持っていかれた。
その後は、攻撃しようという意識は見えなくもないが、アイデアが少ない。トップへビシッと通す速いパスが皆無で、何かこう、ふわっと相手DFラインの裏あたりへ落とすようなパスばかり。難波にしろ、藤田にしろ、西田にしろ、そういうのはあまり得点のイメージが見えないのだが。味方が追いつけないような厳しいパスが見たい。
今のチームのピッチ上での中心って誰なんだろう。守備から攻撃に移るとき必ずこの選手を経由する、というような。後ろからのビルドアップがとてもぎこちない。
スタンドから聞こえた叱咤の声がその印象を強くしたところもあるが、やはり左の守備が危うかった。右サイドからのサイドチェンジでは、常に相手を一人余らせてしまうように見えた。中野だけでなく、その前の戻りにも問題があったのだろう。
高地や寺田、荒堀あたりがドリブルで突っかけるのだが、ことごとく相手にボールを引っかけられていた。チームだけでなく個々でも負けているように見えた。
攻めてはいるものの、それほど得点が入りそうにない雰囲気のまま、試合終了。ブーイングはまあ当然だろう。あいさつも見ずに席を立った。ホーム3連敗、内容も芳しくない。
スタッツでは、シュート9、コーナーキック7。そんなにあったか。
怪我人が多いのは確かだが、第1節はファビーニョらもいてあの体たらくだったので、単純にチーム力が無いと考えるのが妥当。今季は開幕前にさんざん期待させておいてこれだから、失望が大きくて、この敗戦もあまりショックは感じなかった。「優勝」とか「昇格」とか、そういう晴れがましいものには縁があるまいと、どこかで諦めている。
シーズン終了後、何位くらいなら岸野監督は辞めるのだろうか。昨季のように最後で帳尻を合わせてきても、翌シーズンでやり直しなら、継続する意味もないだろう。
ピカチュウは思ったよりかわいかった。