読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

プロレスとサッカー

コンサドーレ札幌戦は、久木野のゴールで1-0勝利。内容はあまり良くなかった。
日スタでのホームゲームは、設備は良いのだけど、ピッチの遠さがネックでもうひとつ盛り上がれない。
前回は小机駅から向かったので、スタジアムまわりは飲食売店も少なく閑散とした雰囲気だったが、今回はちゃんと下調べをして、キッチンカーやイベントのあるバックスタンド側から入った。新横浜駅から歩いたのは久しぶりだったが、思ったより遠くて腰にくる。
スタジアムに到着すると、仮設リングではもうイベントがはじまっていた。入場前のお客さんからも柵越しに見られるようになっていたので、カメラをとり出してダラ見する。フリ丸といたのは、大日本プロレスのマスコット「デスかも」。あとJリーグ特命PR部マネージャー・足立梨花ちゃんがファンと記念撮影していた。
入場後、キッチンカーで食事を買って、改めてリングそばへ。大日本プロレスの試合を観る。プロレスを生で見たのは初めてのことだったが、大いに楽しんだ。チョップひとつ、エルボーひとつがあんなに痛そうだとは。スープレックスとかあり得ないね。今までプロレス好きとか言ってたことが恥ずかしくなった。

でかい身体のぶつかる音だけで、もうかなり感動した。近くで見ていた子どもたちが引くくらいだった。
さて、サッカー。本日のスタメン。

    西田  難波
エデル         久富
    高地  八角
野崎  戸川  渡邊  阿部
      関

怪我人がいる影響ではあるが、なんといっても久富のスタメンが注目。札幌もメンバー構成はきついらしく、ベンチ入りが5人しかいない。
試合は、最初こそ横浜が少しいい形をつくったが、その後はどちらかというと札幌のペース。横浜はミスが多い。ホベルトがいないせいもあるが、中盤から前への展開がぎこちなく、横パスをカットされてカウンターを受ける場面が目立った。だからといって2トップへぶつけるような縦パスは少ないような気がした。
久富は仕掛けると魅力的だが、もらうところでのポジショニングにはチームメイトとの相互理解が足りないようだ。エデルもキープ力は助けになるが、フィニッシュ近くの精度が雑だった。札幌がけっこうまめにチェックを繰り返したことで、後ろからのビルドアップも苦心した。
守備では、サイドの裏を突かれて怖いクロスを入れられることが多く、遠いピッチのさらに遠い側でそれが起こると、細かいところが見えないから気が気ではなかった。最後のシュートに対しては「根性を出して」シュートブロック。GK関のナイスセーブ。これは良かった。
野崎が痛んだことで、替わって小野智吉が右SBでの出場。トモキチの右SBが見られたのはうれしかった。寺田も途中交代で出場。出てきたときは期待感が高かった。そして久木野には、当然この前のようなゴールを期待する。
38分、左からのクロスを札幌がクリアしきれなかった浮き球を、その久木野がヘディングで押し込んでゴール!

ロスタイムは4分。最後は札幌の直接FKを関がファインセーブして、試合終了。なんとか勝利した。
内容は前節に引き続き、かなり悪かった。今日は高地が中央に入ったが、思ったより球離れが悪かった。まあ、今日に限っては受け手の問題の方が大きそうだが。
最近の久木野は何か持ってるね。自信を持ってプレーしているようだ。そんな久木野を差し置いて関が試合のMVPに選ばれていたけれど、飛び出しの判断など、最初のあぶなっかしさがだいぶ薄れてきて、落ち着いて見られるようになってきた。やはり出場経験に恵まれていなかった選手だと、こうやって出続けるとすごく伸びるんだろうなあと思う。
スタメンやベンチ入りの選手を見たり、レンタル加入中の選手の活躍を見たりすると、そろそろ来季はどうなるんだろうと余計なことを考えてしまう季節になった。あと1、2週間もすればそのあたりの情報がどっと出るだろう。既に大学卒で入団が決まった選手も何人かいる。
このところの横浜の成績を見れば、あまり出し入れはしてほしくないのだが、そうもいかないだろうなあ。