もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

チケット値上げ

レオックが入って営業やら補強やらで良い傾向が見えたように思えたのだが、今回はひどくがっかりさせられた。
クラブからチケットと年間パスの価格が発表されたのだが、これがひどい。ひとまとめだったA自由席がバックスタンドとゴール裏に分かれ、しかも全ての席種で値上げされている…。試合数が22→24に増えたのを差し引いても高すぎるし、メインスタンドの上げ幅なんて常識で考えられない、意味が分からない。昇格した後ならまだしも同じ会場、同じリーグでどうして突然こんなに上がるのか。
しかも、子ども料金が小中高だったのが高校生が除かれて小中になってるし。高校生、誰も来ないんじゃないか。(追記:昨年同様の小中高に訂正になった。単純なミス?)

チケット一般販売(当日)

2006年 2005年
S(メイン) 4,000円 2,800円
A(バック) 3,500円 2,300円
B,C(ゴール裏) 2,500円 2,300円

年間パス

2006年 2005年
S(メイン) 54,000円 32,500円
A(バック) 45,000円 22,500円
B(ゴール裏) 27,000円 22,500円

年間パス(全試合観戦/1試合あたり)

2006年 2005年
S(メイン) 2,250円 1,477円
A(バック) 1,875円 1,022円
B(ゴール裏) 1,125円 1,022円

せっかく最近はメディアの露出も増えて観客層拡大が狙える年だというのに、自ら客を遠ざけてどうするんだ。昇格を狙うチームのホームゲームにスタジアムがガラガラで良いのかと。確かにカズ加入で観客増はあったが、著しい効果はみんなアウェイゲームでホームは6〜8千人がせいぜいだったのだ。値上げで客足が遠のく以前に、三ツ沢がいっぱいになっていたわけじゃないのだ。
バックから安いゴール裏へ流れる人もいるだろうから、ゴール裏ばかり混み合ってあとは「がらーん」なんてことにならないだろうか。スタジアムの雰囲気がいびつにならないだろうか。
嫌なことばかり想像してしまうな。
自分はといえば、去年はA自由席の年間パスを買ってゴール裏での観戦がほとんどだったので、今年は迷わずB席にする。倍は出せないもの。