読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

2017開幕戦勝利

いよいよ2017シーズン開幕。2月26日のJ2リーグ初戦、横浜FCはホームのニッパツ三ツ沢に松本山雅FCを迎えての試合。

世間ではカズ50歳バースデーとして大きく取り上げられ、チケットは相手が松本ということもあって前売りで完売の盛況。実際にスタジアムの雰囲気は良く、開幕のお祭り感はこれ以上望めないほどだった。

結果は、野村のゴールを守って1-0で勝利。

横浜FCvs松本の試合結果・データ(明治安田生命J2リーグ:2017年2月26日):Jリーグ.jp

前売りでのチケット完売はクラブ初。混雑は目に見えていたので早めに行こうとは思っていたが、朝起きるともう居ても立ってもいられず、先行入場の1時間前にスタジアムへ到着した。スタジアム周辺はいつになく人に溢れ、ダブルクラウン入場待ち列も既に結構な人数だった。この日から入場ゲート前の路上にキッチンカーが出るようになったのだが、松本サポが大挙して並んでおり、これすらなかったら不満も多かったろうし良かったなと。

入場するとまず売店でドリンク確保。席は一般客が多いのを見越していつもよりゴール裏中央寄り、立って声を出すエリアへ。冷やかしで軽く歩き回ったり、予めトイレを済ませた以外は、大人しく席にいた。吹奏楽や歌、P.IDLのパフォーマンス、足立梨花vsフリ丸のPK対決等、退屈することはなかった。

F!メールが届かないので、スタメン、控えのメンバーはゴール裏のコールで知る。スタメン予想が全員正解したのは初めてだったが、今季はニューイヤーズカップがあったので比較的容易だった。

カズ
イバ
野村
中里
佐藤
ジョン
田所
キャラ
西河
藤井
控え:高丘、永田、渡邉、寺田、野崎、大久保、津田

序盤は松本がペースを掴む。どちらも高さを使うチーム同士らしく空中戦。クロスから高崎にヘディングを合わされるがGK#18南がキャッチ。

劣勢の中で16分、横浜が先制する。#8佐藤からの縦パスを、#14イバが受けて#7野村へ。マークするDFを抜かずにコースを狙ったシュートが、GKの手の届かないファーサイドぎりぎりに転がりゴール!

現金なもので、そこからは横浜が勢いに乗って畳みかける。#6中里のロングスローからイバがすらし、#19ジョンチュングンが飛び込む。イバが直接FKを狙うが枠内でDFに弾かれる。

リードしたまま前半終了。松本の反町監督は「策士」のイメージが強く、ハーフタイムで対策を講じて来るのだろうと思っていた。

だが、後半も試合展開は大きくは変わらない。ボールを持つ時間は松本に多くなったものの、横浜のブロックの外、DFラインで回す時間が長く、攻撃はそこからのロングボールが多いので、横浜側視点では崩されているという印象が少ない。横浜は時折高い位置でタイミング良くプレスに行き、奪ってカウンターを仕掛ける事も出来た。流石に終盤は押し込まれたが、そのまま逃げ切って1-0勝利。

試合後のお立ち台には、ゴールした野村と、#11カズ。そして凄い数の報道陣。最高にハッピーな時間だった。

昨季から、オフのニューイヤーカップと、いつになく継続した戦い方が出来ている印象だった横浜は、この試合でもそれを強く感じた。

攻撃はどうしてもイバに頼る部分が払拭できないのだが、新戦力のジョンが活躍し、野村がゴールしたのは良い傾向。バースデーゴールこそなかったカズだが、攻撃の見せ場が少ないのを守備で補っていた。カズに限らず、全選手がよくボールを追いかけ相手マークにパスコースにと走っていた。

守備面ではキャラの活躍も見逃せなかった。経験のあるDFらしいプレーが多く、見ていて安心できる。毎年猫の目なDFラインだが、この日の4人中で新顔はキャラだけというのも良い。ボランチも佐藤と中里で安定している。キャンプ時には「今季は攻撃的に」とコメントしていた中田監督だが、試合展開ではきっちり守備できるベースがあってこそで、その部分が例年になく固まっている。

一方、今季に向けて選手の入れ替えもそれほど多くない松本だったが、それにしては戦術が出来ていないように感じた。シンプルな戦術を愚直にやってくる印象だったが、そこが昨季より淡泊。開幕戦で緊張していたのだろうか。

そしてこの試合、松本サポーターがジャッジに対して強く不満を表していた。試合終了後に審判団へ盛大なブーイング。高山主審の判定は結果として横浜有利だったが、笛を吹かずに流している傾向だったのもサポの心証に影響したのではと思っていた。とはいえ贔屓目もあるだろうからと、DAZNの見逃し配信も見てみた。

開始7分の横浜のレイト気味チャージで既に反応している松本サポの様子があったので、ジャッジどうこう以前の空気だったのかなと。彼らの一部には現場でも「格下相手」という驕りが常に見え隠れしていたので、そこもマイナスに影響したと感じる。バックスタンドホーム寄り(13番ゲート付近)に陣取った煽り体質の一団には閉口した。

入場者は13,244人。

入れ込んでいた開幕戦に勝利できたのは大きい。今季はクラブも「J2優勝を」と言葉にしているくらいに状態が良いので、大きく躓く事なくスタート出来たのはほっとした。次節はアウェイで長崎戦。