読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

2試合あわせて0-6

横浜FC

前節は書いていなかったな。ホームの熊本戦は、ミスの連続で良いところなく0-3で敗戦していた。中三日での今日のアウェイ大宮戦も同スコア、0-3で完敗。

首位相手に早い時間で2失点してしまい、勝負はあっさり付いてしまった。

黒津
寺田
小野瀬
中里
佐藤
松下
中島
パクテホン
野上
小池

市村負傷で右SBには小池が一列下がった。前節ミスで失点に直接からんだ中島とテホンが揃ってスタメンにいることで、ミロシュ監督は懲罰的な交替をしないのが伺い知れる。そしてどちらも、大宮相手にDFラインを替えるリスクを嫌ったとも取れる。

だが結果は出なかった。まず5分、右サイドでボールホルダーへ二人で詰めた間にパスを通され、フリーでクロス、フリーでシュートでまず1失点。続いて8分、相手DFラインからのロングフィードに左サイドの裏を抜かれ、マイナスのクロスにフリーでミドルをずどんで2失点目。前半戦での対戦でいいようにやられた記憶が蘇り、横浜の勝ち目は多いに削がれた。

その後も前半はずっと大宮ペース。後ろからのフリーランにマークが付けず、対人でも負けて次々に危ないシーンを作られた。奪っても、攻撃を急ぐあまりイージーなパスミスをしたり、ボールの落ち着き所がなく相手に寄せられたりで、時間をまったく作れない。

後半に大宮が3点目を奪った後は、オープンな攻め合いの時間も出来て、小野瀬の惜しいシュート、交替出場した野崎や大久保がシュートを放つシーンはあったが、ゴールを割ることはなかった。

何とも言えない。前回対戦含めた2試合で、0-0で戦えた時間がいかにも少な過ぎた。0-1の時間ですらわずか。これでは戦術もへったくれもない。

次節は中三日で、苦手なホームゲーム。