読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

よく追いついて14戦無敗

リアルタイムでは途切れ途切れにしか見られなかった14日の試合を、もう一度オンデマンドで見直した。ロアッソ熊本と2-2でドローの試合。

パクソンホ
野村
内田
松下裕
寺田
松下年
中島
野上
小池

最終ラインにドウグラスが復帰。右SBは小池。

後半の途中までは完全に“負け試合”だったが、よく追いついたものだと思う。試合開始直後からずっと熊本の激しい対人プレイに苦しみ、横浜の選手のセルフジャッジもあって、ペースはずっと相手だった。強いプレスに対して流れを奪い返せないのは東京Vに苦しめられたときと同様で、そこで我慢できれば良かったが、先に2失点。

失点の場面、CBとSBの間を裏に抜けられてのピンチはこれまでにも何度かあり、守備より攻撃が主の小池がサイドバックに入ったときには、どうしてもそこがトレードオフだろう。その分攻撃参加が出来ないと苦しい。

追いついた2点はいずれもセットプレー。CKを相手GKがかぶってのどフリーヘッドと、FKを直接。セットプレーが得点源なのは良いが、それ以外のインプレーでのチャンスがここ数試合より少ない印象だった。内田の放ったミドル等が決まっていれば雰囲気もまた違ったか。

ともかくこれで14戦無敗。無敗が続くことで相手の対策は厳しくなり、またスタメンが固定されていることで対策しやすくもあるだろう。そこをどう崩していくか。FWに得点が少ないことが解消されれば良いのだが。

南と熊本のことは、加入一年目の横浜サポに、その経てきた歴史をどうこう言えるものでもないだろう。さあ次の試合。