読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

勝ってるチームと負けてるチーム

前節やっと2勝目の横浜FCと、3連勝中の長崎。
一つ勝ったくらいじゃ相手の勢いを上回れなかった。1-2の逆転負け。

      大久保
黒津          武岡
    佐藤  寺田
      松下
西嶋  森下  スンジン  野上
      柴崎

前半は終始長崎ペース。記憶にある横浜のシュートは、前半終了近くに松下のFKがポストを叩いたのみ。
積極性に著しく欠け、パスミスは多く、中盤より前にはほとんどボールが運べない。守備も軽く、シンプルなワンツーであっさり裏へ抜け出されたり、相手ゴールキック一発でサイド深くまで侵入されたり。やはりサイドの守備が脆い。
後半早々に、武岡が右からえぐってクロス、大久保が頭で合わせて先制。その後しばらくは横浜ペースになっていたのだが。
西嶋が足を吊って一人少ない時間帯に、クリアが相手へのパスになったところからそのまま決められて追いつかれる。守備の人数は足りてはいたが、そういう時間帯に我慢できないのは問題。
終了間際には、ふと気が抜けたような守備から右サイドをタッチライン際まで入られて、クロスを押し込まれて逆転。そのまま1-2で敗戦。
選手が自信なさげにプレーしている。縦パスがほとんどない。大久保への楔はゼロ。黒津の裏への飛び出しもわずか。両サイドバックは上がれない。長崎は対照的に勢い良く飛び出していた。選手個々の能力はかなり横浜の方が上だが、それ以前という感じ。
長崎は、同点に追いついたあたりで早くも時間を使うプレーを選択するような、とても「現実的な」チーム。連勝している勢いは感じられるものの、プレーは荒く、リスペクトする対象ではなかった。高木監督らしいと言えばそうなのだが、失望も少なくなかった。
最後の時間にやった、右SBに武岡、左SBに西嶋という布陣は面白かった。あれを頭からやってほしい。
次は中3日で神戸戦。ホームだが行くかは未定。