読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

今季2勝目!

アウェイ京都サンガ戦をオンデマンド観戦。開始直後のゴールをなんとか守りきって、ようやく今季2勝目。

      大久保
黒津          武岡
    寺田  佐藤
      松下
西嶋  森下  スンジン  野上
      柴崎

システムは変わらず4-1-4-1だが、京都に押されて守勢に回る時間が長く、攻撃時にも全体が押し上げるという形にはなりにくかったので、4-3-3の様にも。
開始1分。寺田から左サイドの裏を上がった西嶋へパス。そのまま左足で上げたクロスに、大久保がニアへ走りながら右足アウトで上手く合わせる。GKの頭上を越えるシュートで横浜が先制。
試合は京都がポゼッションで大きく上回り、横浜は終始守勢。但し、京都はサイドチェンジをして来ないので、人数をかけて守ることで何とか乗り切っていた。#23サヌの重量感ある突破が怖いが、シュートは打たせないようによく寄せていた。
Twitterを見ていたら、横浜は守備が荒いという京都視点のツイートがいくつかあったが、確かにそこまでやらないと守り切れなかったと思う。同時に、京都以外の相手でもそこまでやってほしいとは思うが。ポゼッションされていたからこそで、こちらがポゼッションしているときは攻守の切り替えでふっと緩む時間ができるのだろうか。
後半は、少しだけ横浜が盛り返したようにも見えたが、やはり京都優位は変わらない。GK柴崎のファインセーブも何度かあり、相手の身体ごと押し込むようなゴール前での混戦でDFが辛うじてクリアというシーンもあった。
ともかく1-0で勝利。
大久保の今季初ゴールはめでたい。これで勢いがついてくれれば。黒津はシュートへの積極姿勢が良かった。
次は中2日で長崎戦。勝った次の試合は大事。