読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

待望のガンバ戦はスコアレスドロー

いろいろな意味で待ち望んでいたガンバ大阪戦。結果は0-0のドロー。結果を知った後にスカパー!オンデマンドにて観戦。
満足と不満が半々。
スタメンは大きく変わらず、前節の途中出場で良いプレーだった森下がCBへ入り、野上が右へ。

     大久保
内田  高地  寺田  武岡
      松下
西嶋  森下  ペスンジン 野上
      柴崎

試合後レビューなどを見ると、前半はガンバ、後半は横浜の試合だったようで、確かにシュート数(前半8-2、後半2-8)などを見るとそうなっている。だが、後半もあまり横浜の時間は長くなかったように感じた。
ガンバは今野を一列上げていて、これはいつもより攻撃的ということらしかったが、そこまで感じなかった。選手個々の能力が高いのはわかっていて、さすがに上手いのだけれど、コンビネーションで攻めるところは思っていたよりずっと少ない。とにかく一番怖いのはレアンドロの単騎突破だった。
横浜のポゼッションもわりと出来ていた。アンカーの松下が狙われていたが、これは前節もそうだったし、各チームの狙い所なのだろう。高地や寺田がいる日は、そちらに役割を振り分けてリスク回避できるとよいが。
後半盛り返したのは、横浜FC側の前線からプレスがよくなったから。プレスをかける位置が昨季を通してもかなり高く、相手の出所を選手がかなり意識していたのがわかる。当たりの激しさはいつもの2割増だった。
攻撃では、思い切りの良いプレーが少なかった。インプレーからの遠目のシュートもほとんどなかったし、カウンターも尻すぼみに終わることが多かった。
ガンバ相手のアウェイスコアレスドローは御の字。PO千葉戦の記憶から、大量スコア差の敗戦も無いとは言い切れなかったから、少なくともゲームをある程度コントロールできたのはよかった。寺田は張り切っていたね! 野上のSB、森下のCBは及第点。
一方、相手には少し拍子抜けというか、強いのは強いのだけれど、思ったほどじゃなかったというのが実感。引き分けたから言えることなのかもしれないが。
唯一残念だったのは、実況アナがウザかったこと。DJジャンボを関西風にした感じと言えばいいか。