読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

2012シーズンスタート

体制発表会で新加入選手と背番号が発表されたので、今時点の感想等。
この時期はいろいろと夢が膨らむ。入った選手たちが期待の8割くらいでも能力を発揮してくれれば、昨季は皆無だったチーム内競争もできそうだ。

ポジション

GK

3人体制で入れ替えもなし。レンタル延長した関がファーストチョイスは昨年と同じだろう。控えはベンチでの役割を考慮すれば当然シュナイダー。関が怪我や警告累積で出場できないときに、村井がシュナイダーを脅かす存在になれるかどうかといったところか。

DF

新加入の杉山が右、阿部が左。センターはまだ分からないが、渡邊や堀之内は一つ前でもプレイするかもしれない。スンジンは日本でのプレーも長く、GKとのコミュニケーションもそれほど心配ないだろう。

MF

サイドはFW登録の選手も含めて頭数は多い。問題はやはり底。守備力のあるタイプがどう見ても少ない。昨季終盤に佐藤謙介がアンカーをしてそこそこの内容だったが、やはり前めの選手だと思う。

FW

田原と大久保というポストプレーヤーの獲得は大きい。攻撃の軸だが併用はしないのではないだろうか。

システム

4-4-2
    田原  カイオ
野崎  高地  八角  永井
阿部  中野  テホン 杉山
      関

サイドには本職の野崎、武岡に、FWの永井、難波、カズなど。高地でもいい。左右ともポジション争いが起きてくれれば。中盤には守備と球さばきのできるボランチが欲しいが、八角がどれだけできるか。内田は希望としてはここで使って欲しい。

4-1-4-1
      田原
野崎  内田  永井  難波
      八角
阿部  中野  テホン 杉山
      関

昨季にまあまあ成功した、アンカーを置く布陣。田原か大久保をトップに置く理由はこれじゃないかと思っている。2列目は得点力のある選手を。上記のチョイスはちょっと攻撃的に過ぎるが、こういう選択肢もあると思えなくもない。
練習試合の頃には、開幕スタメンも見えてくる。昨季はとにかくチーム戦術らしきものもほとんど見えなかったので、どういうサッカーをするのか、そういう基本的なところから楽しみにしておこう。