読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

3得点、のち2失点

好調同士の対戦、東京ヴェルディ戦は3-2で勝利。
早い時間にセットプレーから先制し、相手DFのミスから加点。ボールポゼッションは相手に上回れるものの、危険なシーンはロングボールからの飛び出しなど、パスで崩される場面は多くなかった。
横浜はカイオが下がらずに前線で我慢するようになったし、難波とともに2トップで2得点は良い傾向。寺田がピッチ中央付近でプレーしているのが目に付いたが、狙う形だったのだろうか。阿部はいい選手。運動量が多く、プレーエリアも広く、プレーは粘り強い。
審判のジャッジには不満。勝っている試合でそう感じたのだから、かなり酷かったのではと思える。接触プレーにデリケートなのかと思いきや、シュナイダーへのファールに寛容さを見せたり。
去年の大黒ではないが、どうしてヴェルディはうちのホームだとあんなにやんちゃなのだろうか。勝負に執着する姿はいいが、度を越すとはっきり言って迷惑だ。
関は替わって入ってから2失点したが、鋭いフィードでチャンスをつくりかけたり、見せ場はつくっていた。
試合は3点リードから2失点して、結果は1点差でかろうじて逃げ切りだったが、それほど追い詰められたという印象はなかった。もちろん褒められた試合ではないが、やるべきことはやっていたようにも思える。
まだまだ暑い。そろそろ過ごしやすくなってほしいものだが。