読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

中野裕太、初ゴール

水戸ホーリーホックと三ツ沢で対戦。ロスタイムにお互い取り合って、劇的なドロー。
出かける直前に、14時キックオフの札幌vs愛媛をスカパーでみていた。札幌サイドの実況から「昇格」という言葉が何度も出るのだが、さすがにもう無理だろう。昇格の芽があるのは、今日の対戦相手である水戸までだと思う。
数年前まではThis is J2だった水戸も、変わったものだ。今季の水戸の強さは何といってもFWで、荒田、高崎の2トップをどれだけ抑えられるかが横浜にとっての課題だった。
スタメン。

    アン  池元
西田          智吉
   ヨンデ  八角
吉田  吉本  八田  田中
      大久保

早川と難波の出場停止を受けて、控えから途中交替での出場が多かった池元と吉本がスタメンに。片山はメンバーから外れ、左SHは西田。ベンチにはアツと中野。
試合前のウォーミングアップでは、久しぶりにアツのFKを見ることができた。身体は絞れていないが、無回転のぶれ球は健在。シュート練習では中野がまったく枠に飛ばせない。直前に中田健太郎のレンタル移籍があったのを受けて、冗談半分で「レンタルに出すぞ!」の野次が飛んだが、思わず同意してしまうほどひどかった。
以前は水戸に在籍していた吉本には、水戸サポーターからの拍手も飛んだ。横浜側も「ヨシモト」コールで期待を表す。キャプテンマークは八角

横浜ペース

開始早々、荒田に裏を取られてしまうが、大久保が1対1を防いで難を凌ぐとその後は横浜ペース。高い位置からのプレスが効いて、水戸にボールを回させない。パスの出所へのチェックも早く、荒田、高崎への効果的なボールを出させなかった。
プレスから奪ってショートカウンターのチャンスも多かったのだが、決定機を池元が決められない。よいペースで進んだが、スコアレスのまま前半終了。
後半に向けて選手がピッチへ登場すると、横浜ゴール裏からは池元への期待を込めたコールが出る。後半もペースは横浜。だが決められない。スタミナが切れてペースが落ちるということもなく、ずっと押し気味なのだが。
44分、恐れていた水戸のカウンター。クロスを荒田に決められた。まんまとやられた、という感じだった。負けは濃厚だったが。
ロスタイム、吉田からのロングフィードを西田が胸で落とすと、拾った中野が中へドリブル、コースを見つけて豪快にミドルを放った。GKから逃げて行くような弾道でネットを揺らす。同点!
そのままタイムアップ。劇的な展開だった。

チームの自力

驚きのゴールに昂ってしまったが、結果はドロー。引き上げてくる選手たちの顔にも、喜びより悔しさが多かった。確かに勝てた試合だった。
それでも、いくらプレッシャーがあるからとはいえ、上位相手に内容のあるサッカーが続いていることには手応えを感じる。水戸の2トップにはほとんど何もさせなかった。
主力を欠くなかで若い選手が結果を出したのもいい。アツが戻ってきたのは言うまでもない。
ヒョヨンはかなりコンディション的に厳しそうだが、代わりになり得る選手がいないということだろうか、樋口監督は交替をかなり引っ張った。池元もヒョヨンとのコンビでは数多くの決定機をつくり出したし、つまりそういうことなんだろう。チームの自力というところではまだ物足りない。
帰宅してから録画しておいたのを見返したが、インタビューを受ける中野が悔しさいっぱいだったのが頼もしかった。