読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

雷雨で試合中止

[ J2:第33節 栃木 vs 横浜FC ] | J's GOAL | フォトニュース
アウェイでの栃木SC戦は、雷雨の影響で後半途中で試合中止。
前節退場したヨンデが出場停止。八角も怪我なのか出られず、横浜は中盤の中央二人を変えることになってしまった。

    難波  アン
片山          西田
    須藤  智吉
吉田  早川  八田  田中
      岩丸

ためをつくることでここ数試合良い影響を与えていた智吉は、仕方なくサイドから中央へ。須藤とのコンビはどちらも守備の選手ではないので、どうなるか心配だった。
放送の解説は珍しくセルジオ越後。 栃木での試合でアイスバックスがらみだろうか。グリーンスタジアムはカズ効果で大入りみたい。

中止で良かった

試合はどうにもピリッとしない。一部の選手を除いて、どちらのチームもプレーに余裕がなく、ボールが足に付かない感じ。
5分のチャンスから栃木ペースになるかと思ったが、意外に横浜ペースで進む。わりと上位との対戦が続いていたので、栃木のコンビネーションはかなり見劣りがした。アーリークロスが多いのだが、精度は高くない。とはいえ、守備でのミスから失点を重ねている今季の横浜だから、放り込まれているうちのどれかが入ってしまい、そのまま逃げ切られるのではないかという不安は常に感じる。
横浜の攻撃は、栃木に比べたらまだ繋ごうという意識が見えるが、パスにもランにもスピード感が感じられないし、攻撃がスタートするラインが低いので相手ゴール前までが遠い。ヒョヨンが味方へ声をかけているのが見えるが、精神的な部分での役割も担っているのか。
片山、西田の両サイドもときおりチャレンジするが、智吉と違って使われる選手なので、前で時間が作れていない。
怖いセットプレーは岩丸がファインセーブ。栃木がシュートを打ち急ぐのにも助けられた。
横浜の選手にいつになく落ち着き、というか変に余裕があって、それが落とし穴になりそうで見ていて怖かった。
前半はスコアレス。セルジオ曰く「最下位争いにふさわしい試合」。反論できない。みどころがない前半だった。この先勝っても負けても、あんまり楽しく無さそうだ。
後半が始まっても似たようなリズムが続いたが、15分頃に雷で試合は中断。実況もないスタジアムの映像に、横浜サポーターの声が響く。しばらくすると、今度は地震発生。実況アナが各地の震度なんかを伝えている。
で、結局試合は中止。
日を改めて行われるであろう試合では、もうちょっと元気の良いところを見たい。