読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっちーの日記

横浜FC観戦記、MacやPCのこと、ままならない日々のことをつらつらと。

徐々に上向いてきた?

体調を崩して会社を休み、当然自宅でのスカパー観戦。
行ってたらますます具合が悪くなったかもしれないような、勝ったものの胃が痛くなるような試合だった。
相手が仙台ということもあって、観に行きたかった試合だが、頭痛と吐き気がひどくとても出かけられるような状態じゃなかった。幸い夕方になってようやく持ち直したので、TV観戦。
前節から中2日だが、スタメンは、

    アン  難波
西田          智吉
   ヨンデ  八角
片山  早川  八田  吉田
      岩丸

田中テルが出場停止で、吉田が右にまわり、片山が左へ戻ってきた。

智吉アシスト、難波ゴール

前半5分、横浜のFK。智吉のキックはヴェルディ戦の3点目のように、ゴールへ向かいDFとGKの間へ落とすボール。ファーから走り込んだ難波が頭で触った。望むべくもない早い時間での先制点。智吉のFKは何だかえらく良い。
俯瞰で眺めるアングルではいつも見えないところが良く見える。
前半は、横浜も前からのプレスでよく仙台のパス回しを機能させない守備をしていた。厳しい日程と暑さからか、どちらの選手も元気がない。仙台の攻撃にもスピードがなく、横浜の守備もなんとかついていける。
安孝錬は上手いな。これまでの横浜にない懐の深さがある。難波はチェイシングで後ろを助けている。智吉のプレーの質が高い。八田のカバーリングが冴えている。中盤からの攻撃参加もある。
前半は横浜が1点リード。
後半から徐々に仙台ペース。横浜はいつもどおり運動量が落ちて、守備ラインも下がる。
21分、八角が立てずにカズへ交替。八角は体力的に厳しそうなのが続いているが、休ませられないものか。
仙台もガンガン前に来ているわけではないが、横浜がかなり押し込まれている。パスカットしてもミスから奪われてカウンターを受けたり、前へ預けるところがなく速攻にならなかったり。
33分、難波に代えて池元。
39分、ヨンデが今日2枚目の警告で退場。安を下げて吉本を入れる。ロスタイムは4分あったが、横浜はクリアするだけで精一杯だった。
ともかくそのまま逃げ切って、なんとか勝利。

分相応

前半は勝っていたこともあって、率直に「面白い試合」と思えたけれど、後半は全体に重い試合になってしまった。
解説の三浦ヤスも言っていたが、最後の時間帯でクリアするだけになってしまったのは、チームの目指すところとしては不甲斐なかった。それでも今は、それ以上に勝ち点が必要なのだということ。もう一歩上を目指すのはその後だろう。
ともかくホームでは連勝。上位を相手にしても自分たちの時間を作れるシーンが増えている。現実的なサッカーと理想のサッカーとの差は、今後も時間をかけて埋めていくしかない。
横浜が勝ったので気分は良いが、現地にいないことは歯がゆくもある。毎年何度かこういう感じで行けないんだよな。やっぱり健康が一番。